Google Maps API for Workとはなにか

  • GoogleMapsAPIにかかる料金とは

    • GoogleMapsAPIを使えば、アプリケーションやweb・ブログなどに地図を表示し、現在地や吹き出しなどの情報を簡単に得ることができます。

      また、GoogleMapsAPIは標準版とプレミアム版が存在し、標準版は様々なユースケースに無料で使用できます。
      基本的なAPIサービスはほとんど無料で扱えるので、個人レベルではまず標準版を使うといいと思います。
      標準版で料金がかかるのは、GoogoleMapsではなくPlaceです。

      GoogleMapsAPIに関する情報をご覧ください。

      1日アクセスが規定量を上回った場合や、マップのロードが90日間連続して、25000回を超えた場合です。GooglePlaceはGoogle+のローカルから同じデータベースを利用してデータの所得を行うので、プレイス検索などを用いて商業施設や有名なスポットの情報を引き出すことができます。

      しかし、この機能もかなり多いアクセスを受けるまでは無料で扱える機能なのでお試しとして使用してみてもいいでしょう。

      どんな人にもYahoo!ニュース情報を多数ご用意したサイトです。

      このようにGoogleMapsAPIは、個人レベルで扱う際はほとんど料金がかかりません。法人の利用の場合はプレミアム版を用います。

      これは24時間のテクニカルサポートを受けれたり、広告を外せたりというメリットがあります。料金は定量型なのでそこも安心でしょう。

      標準版はかなりのヘビーユーザーであったり、人気のアプリケーションであったりする場合以外は、機能のすべてを無制限で料金がかからずできるので、一度使ってみてはいかがでしょうか。



top