Google Maps API for Workとはなにか

  • GoogleMapsAPIとは

    • 飲食店などのサイトでは、店舗の所在地を知らせるために地図が表示されていることがあります。


      また、個人のサイトで地図を取り入れる場合もあります。
      そのような場合に利用されるのがGoogleMapsAPIです。

      GoogleMapsAPIの情報はここで調べよう。

      GoogleMapsAPIとは、運営するサイトに地図を掲載することができるサービスです。

      OKWaveの情報をご提供しています。

      従来のサイトに地図を掲載するには、月額料金がかかっていましたが、GoogleMapsAPIを利用することで、無料で多彩な表現ができる、世界中の地図を掲載することができます。
      JavaScriptを用いてアクセスするため、どのようなサイトにも取り入れることができ、AJAXというシステムを採用しているため、非常に使いやすくなっています。このAJAXはページを移動しなくても自動で情報を読み込んでいくシステムで、これにより地図表示をストレスなくいどうすることができます。


      また、地図上にマーカーを立てたり、線などの書き込みができるなどの機能も備わっており、ひじょうに便利な地図になっています。
      そして、このGoogleMapsAPIでは、プログラム言語により、表示形式を変更したり、移動経路を表示、またストリートビューを表示するなどの、細かい設定を変更することができます。
      これはプログラム言語で記述をして変更をしていく必要があるため、プログラム言語に詳しくない人には難しく感じるものですが、変更の仕方を解説したサイトなども豊富にあり、記述するべきプログラムも掲載されているので、コピーして貼り付けるだけで簡単に設定を変更することも可能です。


      サイトに地図を掲載する場合には、GoogleMapsAPIを利用してみましょう。



top