産廃業の許可申請代行はどこに依頼すれば良いのか

産廃業の許可申請を代行してもらう場合、どこに依頼するのが良いのか検討する必要があります。

書類の作成や届出を事業者の代わりに行える行政書士に依頼することになりますが、どこでも同じ結果になるわけではありません。行政書士は全ての分野に精通しているものではないため、不慣れな人が対応すると書類作成に時間がかかったり届出を出しても許可が出ないなど失敗する場合もあるため、十分に確認しましょう。まず、行政書士が得意とする分野に関しては通常はホームページなどに明確に記載されていますので、産廃業の許可申請代行について説明されているところであれば良いです。

経験も豊富であればスムーズに手続きが進むと考えられるので安心です。対応内容に関しては、失敗の恐れがある場合は依頼を受けない、としている行政書士が適しています。届出を出せば承認される、というものではなく条件を満たしている必要があるため、それが不十分であれば許可されません。失敗してやり直しになれば事業の開始が遅れてしまい、その期間の利益を損なってしまうので注意が必要です。

産廃業の許可申請を代行するだけでなく、アフターフォローもあることを確認しておくと良いです。承認された後もルールに違反すれば取り消しされることのある制度であり、5年ごとの更新もあります。ルールを正確に把握できていないと取り消される危険性があるため、相談や問い合わせをして備えられる司法書士を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *