産廃業の許可申請は自分でやらない方が良いのか

産廃業を行うには許可申請を行う必要がありますが、これは自分で行うか行政書士に依頼するという方法があります。

どちらが良いか、という点は状況によって異なりますが、一般的には依頼した方がスムーズに手続きを行えるので無難です。自分で産廃業の許可申請を行うときの問題点として書類作成に時間がかかり過ぎる、届出の区分を間違えて許可が出たのに事業を行えないなどがあります。勉強して書類を作成しても、初めて素人が対応して1回で完全なものを用意するのは難しく、何度も役所に出向くことも多いです。

取り扱う産廃によって区分も分かれており、それぞれに該当する許可でなければ事業を行えないですが、これを間違えることもあります。このようなミスを繰り返していればそれだけ本業の手が止まって影響が出たり、事業の開始時期が遅れるなどの問題になります。さらに、産廃業の許可申請が通ってもそれで終わりではなく、5年ごとの更新が必要な制度です。

手続きをするだけ更新できるものではなく、利益が出ていることやルールに違反していないことなど調べられるため、問題があれば効力を失います。専門家である行政書士に産廃業の許可申請を代行してもらえば、手続きに手間がかからなくなります。相談や問い合わせもできるので、法律の解釈を誤ってルール違反を未然に防ぐことも可能です。依頼料は必要になりますが、安定した事業を継続させるには代行サービスを利用するのが適切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *