産廃業の許可申請は早めの準備が大事

産廃業の許可申請は申請から許認可まで時間がかかります。

即日の許可が出るわけでは無く、ある程度の時間がかかります。いったん受理がされたとしてもその後において書類に不備が後から見つかれば、追加で提出を指示されることもしばしばです。そのため逆算して開業を考えていくときには、開始になるのが送れる可能性を見越して準備を前倒しで進めるなどの対応が欠かせないわけです。書類の不備の場合は追加の提出や修正で済みます。

一方で返戻されたりあるいは受け付けてもらえなかった場合は、そもそも産廃業の許可申請そのものがまだ前に進んでいないので、早めの準備によりこうした事態を避けます。揃えるべき書類については、事前の確認を行うことなどをしっかりと行うことである程度は対応できます。全てを早め早めに段取りしていくことで準備をしっかりと行っていき、予定している開業の日時に間に合うように心掛けていきます。

そのためにもぎりぎりでの産廃業の許可申請はなるべく避けて、少しでも早めに揃えて提出が出来るように段取りを組みます。仮に自らの準備が厳しい場合には、代理人による申請も考慮します。士業の専門家による代理申請であれば、書類の作成も最低限で済みますし、産廃業の許可申請を受け付ける役所側とのやり取りも少なくて済むわけです。その分だけ時間が相応にとれますから他の開業準備に時間を回せることになり、余裕を持った対応が可能になっていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *