産廃業の許可申請とは

産廃業は許可制であり、許可申請をして承認されないと事業を行うことができません。

書類などを全て揃えて届出をしてもすぐに事業を開始できるものではなく、許可証が届くまでに2か月は必要です。そのため、事業を開始する準備ができているのであれば、すぐにでも届出をしないと機会の損失になります。申請には新規・更新・変更の3種類があり、それぞれで費用が異なります。許可の有効期限は5年であるため、更新を行わなければ失効することに注意しましょう。

産廃業の許可申請をするには、まず事業を行える条件を満たしている必要があります。また、内容によって区分が分かれるので、扱うものに対して申請しないと承認されても事業は行えません。簡単に書類作成などができるものではなく、時間を取られてしまうので行政書士の産廃業の許可申請代行を利用しても良いでしょう。代行を依頼すれば報酬を払うので出費が発生しますが、届出が遅くなれば機会の損失による利益の現象が起きます。そのため、申請の方法が分かっていないのであれば依頼した方が良いです。

依頼するときには、実績のある行政書士を選ぶことが重要です。経験の不足しているところであれば失敗して許可が取れない場合もあります。行政書士は専門家ですが産廃業の許可申請を専門にしているとは限りませんので、その分野を扱っていると明記されている事務所にするのが無難です。電話連絡だけで出向いてくれるところが多いので、手間をかけずに対応できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *