産廃業の許可申請は代行してもらう方がいい

産業廃棄物の回収や運搬などを行う場合には、産廃業の許可申請を各都道府県の役所に出して都道府県知事の許可を得なければいけません。

許可を得ていない業者は、産業廃棄物の取り扱いが出来ません。産廃業の許可申請は、必要な書類を集めたり大量の書類を作成しなければならず大変です。しかも許可を得ても定期的に更新手続きを行わなければならず、業者の人が自分で行うのではなくプロである行政書士に代行してもらうケースが増えています。

産廃業の許可申請は、ある程度の知識があれば行うことが出来ますがその作成に掛かる時間を考えればプロに代行してもらった方が迅速に許可を得ることが出来るからです。自分で時間を掛けて作成しても書類に不備があれば、修正してまた役所に行かなければいけないのでその手間をプロに代行してもらうことで削減することが出来ます。また産廃業の許可申請だけではなく、更新手続きなどもそのまま同じ行政書士に依頼する業者が多くなっています。

最初に信頼出来る行政書士を選んでおけば、後からまた違う人を探す手間も掛かりませんから楽です。ただし行政書士を選ぶ時には、何でも同じですが実績が多くある業者を選ぶことが大切です。実績のない行政書士と実績の多くある行政書士では、やはり書類作成に掛かる時間が違いますし実績が多いということは信頼されているということですし、経験が多い分だけ適切なアドバイスもしてくれ業者の人も安心して任せることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *