産廃業の許可申請と必要要件について

産業廃棄物とは企業が放出するゴミの総称になるわけですが、産業廃棄物は正しく出すこと、正しく回収や運搬を行うこと、処分施設においても適切な手法を用いて処理をすることが求められます。

廃棄物を出す側も法律に従い、産廃業者を選び依頼することが求められますが、この中でも重要なことは許可を得ている業者を選び依頼をしなければならない点です。許可申請中の産廃業種は免許がない状態ですから利用するわけには行きません。産廃業の許可申請は誰もができるわけではなく、必要要件を満たしていなければ審査に通過できない、申請もできません。

必要要件の中には懲役刑を受けていないなどもありますが、無許可で営業を行うことで罰金刑や懲役刑を受けるため注意が必要です。特に懲役刑の場合は産廃業許可申請にも影響を与えることを把握しておくべきです。1度取得を行えば5年毎の更新で業務を続けることができます。但し、回収運搬業の場合で、現在許可を得ていない場所において産廃業を行う時には新たな許可申請手続きが必要です。

都道府県の通過を除いて、産業廃棄物の回収や運搬はそれぞれの地域で免許が必要になるため5年毎の更新も忘れないようにしましょう。尚、更新を行う時にも初回と同じく必要要件を満たしていることが求められます。普通に営業を行っている場合には、一度許可を得ている会社さんであれば再び更新手続きを行うことはできますが、仮に、刑事罰などが与えられてしまうと、更新時にも影響を及ぼすことになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *