行政書士に産廃業の許可申請を代行依頼するメリット

産廃業を始めるにあたっては、事業を行いたい地域の行政に対して、許可申請を行い許可を取得する必要があります。

この申請は、申請書の作成が非常に難しく法律的な知識も要するため、それを作るためだけに1から勉強しなければならないほどで、しかも事業計画書等の添付書類も多くあります。また、わからないことがあれば行政担当者にその都度確認する必要がある上、都道府県ごとのローカルルールなどもあるため、行政担当者との折衝が非常に重要になり、申請に行っても書類の不備等で手直しを指示されることもしばしばです。

許可申請に時間がかかってしまい、予定していた産廃業の事業を始める時期が遅れてしまうというようなことも起こりえますし、何とか許可申請が受理されて許可を取得しても、自分が行いたい事業に対応する許可ではなく、思っていたように事業が進まないというケースも出てきます。こうした面倒な手続きは、行政書士に代行を依頼することができます。

豊富な経験と確かな法律の知識を持つ行政書士に手続きの代行を依頼することで、よりスムーズに産廃業の許可申請を行うことができます。代行を依頼する行政書士事務所によっては、実際に事業を始めてからも様々な面でアドバイスをしてくれるところもあります。産廃業は行政の監視の厳しい業種で、定められたルールに沿って事業を行わないと許可取り消しなどの処分が下ることもあるため、そのような事態を防ぐためにもこうしたサービスは心強いものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *