産廃業の許可申請代行を利用するメリット

産廃業の許可申請を自分ですることは不可能ではありませんが、多大な労力がかかってしまうというデメリットがあります。

申請書類作成のために必要な書類を集めたり、書式に則って作成したりしなければなりませんが、実務での運用のされ方を知らなければ調べることから始めなければならず、事業開始に遅れが生じてしまうことでしょう。メリットは行政書士に依頼するコストを抑えられることですが、得られる利益に比べてデメリットは大きくなってしまいます。行政書士は産廃業の許可申請代行をしてくれますが、専門知識も経験も豊富であるためスムーズに代行してくれます。

余計な時間を取られることなく、自分は事業改行のために必要な別のことをやることが可能です。また、どの品目の許可を取ればよいのかわからない場合でも、目的の産廃業に合ったベストな選択肢を提案してもらうことができます。許可申請をしたとしても実際に許可が貰えるとは限りません。代行をしてもらって許可が得られなければ費用は発生するのが通常です。

しかし、この点も成功報酬型の料金にしているところを選べば解決です。成功報酬型なら、申請が実際に許可されて初めて報酬が発生するため、だめだった場合に無駄になりません。それに、成功しないと報酬が発生しないとなれば、行政書士の方も成功するために必要な努力をしてくれることでしょう。様々な行政書士が産廃業の許可申請代行をしているので、報酬や実績などを総合判断して、最適なところを選ぶと満足するはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *