代行業者を利用して産廃業の許可申請を行うポイント

産廃業は回収および運搬を行う仕事をする時、回収業者から産業廃棄物を受け取って、処分を行う仕事をする時には許可を得なければならない業種です。

大きく分けると2つの許可申請が必要になりますが、両者を行う場合には2つの許可申請が必要になり、代行業者を利用される人も少なくありません。さらに、産廃業には特別管理品目に指定が行われているものを使う場合には、別の許可申請が必要になります。代行業者を使えば許可に関するすべての手続きを行って貰うことはできますが、許可の手続きを行う時には産業廃棄物を取り扱う従事者を対象にした講習会に参加を行い、修了証を得ていることが基本条件になるため、代行業者を使う前には産業廃棄物についての勉強をしっかりと行っておくことが大切です。

また、処分業を営む場合には、施設が必要要件を満たしていることや回収および運搬業を営む場合には、回収運搬に利用する車両の確保なども必要になって来ます。これらの準備をすべて完了させた上で代行業者に依頼を行えば、産廃業許可申請を自らに代わり行って貰うことができるようになります。

初めての許可ともなると色々な疑問や不安が生じるものですが、行政書士による代行を使えば、必要要件を満たしているのか、書類に不備がないのか、添付する書類はこれだけで良いのかなど、適切なアドバイスを受けることができます。さらに、設立後に産廃業の許可を得る時にも、スピーディーな対応をして貰えるため、設立と同時に事業を開始できるメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *