産廃業の許可申請代行 どんな行政書士を選ぶべきか

産業廃棄物収集運搬業許可申請を代行してもらいたい場合、行政書士に依頼する場合がほとんどかと思います。

そこでどんな行政書士を選べば良いのかポイントを見ていきたいと思います。「産廃の専門知識を有しているか」・・産廃業許可申請は行政書士にとって扱いなれたジャンルですので、申請自体の経験を持つ行政書士は大変多いです。都道府県の「許可の手引き」があれば、許認可申請のプロである行政書士にとって申請を代行すること自体は難しくありません。ところが許可の根拠となる「廃棄物処理法」はとても複雑でかつ改正が多いという特徴があり、行政書士の中には十分に理解していない者も少なくありません。

そのような行政書士に依頼した場合、許可はスムーズに取れても事業をスタートした段階で目的とした事業が開始出来ないという事になる恐れもあります。そうならない為にも十分な専門知識を持った行政書士に依頼することが肝心です。「報酬が適正かどうか」・・報酬の決め方には特に決められたルールはありません。行政書士事務所が自由に決めるのが一般的です。ですが適正相場があり、産廃業許可申請の代行の相場は約10万円程度と言われています。

その金額と比較して高すぎる場合、もしくは極端に安すぎる場合は注意してください。出来るだけ安くすむに越した事はないかもしれませんが、極端に安い場合は依頼者が自分でしなければいけない事が多い、というようなケースが考えられます。「フォローは充実しているか」・・産廃業許可申請は、前述しましたように法改正も多く専門知識が求められる業務ですが、許可取得後にも注意が必要な事項や守らなければいけない事項が多いという特徴があります。

そのため、産廃業許可申請については、許可を取得して終了ではなく、許可取得後にも継続して事業の運営に関する質問に答えてもらえるなどのアフターフォローが充実した行政書士を選ぶことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *