産廃業許可申請を代行依頼する際のポイントとは?

産廃業とは産業廃棄物を取り扱い事業の総称で、企業や病院などが排出するゴミを回収し、専用のトラックを使い運搬を行う、中間処分場や最終処分場などの施設を運営するなどの特徴を持ちます。

回収および運搬を行う時の許可、中間処理施設や最終処分施設を運営する時の許可はそれぞれ異なるものです。一般的には産業廃棄物収集運搬業および産業廃棄物処分業のいずれかを許可申請し、国からの許可を得た上で営業をスタートさせることが義務付けられています。無許可で営業を行うことは法律上違反に値する、環境への配慮が行われないなどのリスクを持つため、産廃業の許可申請はとても大切なものと言えましょう。

この許可申請は代行を利用して行うこともできます。法務事務所や行政事務所などが代行を行っており、産廃業の許可申請手続きに必要になる書類集めや書類作成、役所での申請手続きなど、一切の業務の代理をつとめて貰えます。産業廃棄物収集運搬業の許可は営業を行う都道府県毎に申請を行う必要があるため、複数の都道府県で産業廃棄物の回収および運搬を行う場合には注意が必要です。

遠方の役所に出向いて手続きをしなければならない、書類などの不備がある場合はその都度やり直しになるな、時間や手間暇が掛かるため代行を使うケースが多いわけです。代行を利用せずに自ら書類を集め、作成を行えば申請許可の手続きはできますが、時間や手間暇などの工数を考えた場合、業務に集中できるなどからも代行を使うのがお勧めです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *