産廃業で必要な許可申請

産廃業を仕事として行うには、市や都道府県の許可が必要になります。

産廃業の許可申請にはいくつか種類があります。新規で産廃業を仕事として行う場合、新規許可申請という許可申請をしなければいけません。新規申請をしてから5年たつと更新許可申請をします。この5年が許可の有効区間となります。許可を取得した後に産業廃棄物の種類の増加など、事業の範囲を拡大したいときには新規申請や更新申請の他に変更許可申請をしなければいけません。

住所や役員、運搬車両などを変更したい場合は別に変更届を提出しなければいけません。申請書や変更届は窓口に持っていくこともできますが、郵便で送ることもできます。それに、新規申請と更新申請、変更申請を行う場合は手数料が必要になります。東大阪市だと、積み替えと保管を含まない新規なら81000円、更新は産廃物収集運搬業という業種が73000円、特別管理産廃物収集運搬業なら74000円となっていて、変更なら産廃物収集運搬業が71000円、特別管理産廃物収集運搬業は72000円の手数料がかかります。

これらはあくまで東大阪市の場合で、手数料は市や都道府県によって変わりますのでくれぐれもご注意ください。積み替えと保管を含む申請なら含まないものより高くなっていて、新規でも81000円から100000円と高価です。更新なら73000円から94000円と、変更なら71000円から95000円と少し高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *