産廃業の許可申請には生活環境への影響を調査が必要

産業廃棄物業の許可や申請においては非常に多くの書類の提出が求められますし、講習会などへの参加などいくつかの義務付けられていることをクリアしなければなりません。

また産業廃棄物処理施設を設置するときには、環境への影響を調べることも必要で、そのため産廃業の許可申請には生活環境影響調査、いわゆる環境アセスをおこなって、設置したあとの悪臭や騒音、振動といった項目についての分析などをおこないます。

この産廃業の許可申請時におこなわれる生活環境影響調査については調査結果をまとめ、それを申請書類に添付しなけれなりませんので、できるだけ早く許可を得るためには専門家にこの作業を依頼することが重要です。産廃業の許可申請後はすぐに審査結果がわかるというわけではなく一般的に60日ほどかかります。少しでも早く業務をおこないたいのであれば、産廃業の許可申請にできるだけ時間をかけずにスピーディーに書類を用意することが必要ですし、生活環境影響調査においてもすみやかに結果を出してもらうことが大切になってきます。

この産廃業の許可申請に必要な生活環境影響調査は自治体などによって定められている条件が異なっていることもありますので、きちんと仕様にそった形でおこなわなければなりません。ですのでこのような時間と手間のかかる産業廃棄物業の許可や申請、あるいは生活環境調査などはできれば専門におこなっている行政書士などに依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *