生活環境影響調査は産廃業の許可申請で必要です

産業廃棄物業を始めるためには多くの条件をクリアし、十数枚の書類を作成しなければなりません。

条件には経理的な条件から事業内容もありますし、欠格条件に当てはまらないことも求められています。また産業廃棄物業に対する知識を得るための講習会参加も不可欠な条件となっているのです。このような厳しい条件の中には施設や車両を所有しているかどうかも含まれています。

つまり産廃業の許可申請をおこなうためには専用の施設が必要ですし、さらにその施設設置には生活環境影響調査の結果を添付しなければなりません。産廃業の許可申請の中のこの生活環境影響調査というのは環境アセスやミニアセスともいわれ、その施設設置において周りにどのような影響が出るか、そしてその影響にきちんと対応できるかなどを調査することになります。

非常に専門的な調査ですので、自分でおこなうことは難しいため専門家に依頼することが一般的ですが、産廃業の許可申請はこの生活環境影響調査を含め、今はすべて専門家に委託して、書類作成などをおこなってもらうのが主流になっています。というのも産廃業の許可申請においては、生活環境調査などの書類に不備があれば受け付けてもらえませんし、専門的な知識を必要とされるのでなかなか経験のない場合には時間がかかってしまうからです。そのため少しでも早く産廃業の許可申請をおこないたいのであれば、生活環境調査などとともに専門家に代行してもらうことをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *