産廃業の許可申請と住民生活への影響

産廃業の許可申請ではその開業しようとする場所における近隣住民への生活への影響が懸念されます。

住民側から反対意見が出たり説明を求める声が出ることもしばしばです。そのため行政側でも開業しようとする事業者に対し、地域への説明を丁寧に行うように指示を出す場合があります。産廃業の許可申請そのもの自体は問題が無くても、住民生活への懸念があればしこりが残り、場合によっては法廷闘争などに拡大することもあるためです。こうした問題があり得る以上、通常は人気のほとんどないような山奥などに開業するのが一般的です。それでもその地や近隣を有する住民からするとなぜここなのかという疑問がついて回ります。

その疑問への対応と産廃業の許可申請について、生活への問題がないかどうかをしっかりと説明する義務があります。事業所にも認可を行う行政側にもそれぞれ必要なことです。申請そのものは書類がベースであり、現地調査なども行われたりしますがそれでも書類がほとんどです。事業所が作成を行うこともあれば士業の専門家たとえば行政書士などに依頼をして済ませます。

書類に不備が無くまたその書類と実態とに乖離が無ければ通常は許可されるべきものです。それでも産廃業の許可申請により住民生活に重大な懸念がある場合などは、その説明責任を果たすように行動をする必要があります。トラブルになりやすいものであるため、事前の説明などとともに真摯な行動が要求されるべきものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *