生活関連以外の事業ごみを扱うには産廃業の許可申請を

産廃業の会社を立ち上げる場合には、どのようなことをするといいかご存知ですか。

まずこの場合の産廃とは、一般的な生活ごみのとは違い、事業に伴って出て来るごみのことをさします。そのため、取扱いに注意したい廃棄物がかなりあります。これらの産業廃棄物は、有毒ガスを発生させることもあります。

そのためまず中間処理を行って、有害物質を生じさせないようにします。さらに減容化といって、容積を減らす作業もこの時行われます。この段階を経てから最終処分を行うことになります。最終処分の方法としては海洋投入、または埋め立てなどです。こういう過程を経るわけですから、産廃業を立ち上げるには当然許可申請をすることになります。許可申請は基本的に都道府県知事に提出しますが、政令都市の場合は市長に提出します。

役所のホームページの生活環境部、または生活環境課にアクセスして、用紙をダウンロードして記入します。しかし産廃業の許可申請書類は結構量が多く、自分だけで作成するのは難しいこともあります。そのため行政書士に依頼する人も多いようです。行政書士に頼むと、住民票や登記関係の書類も代理で取得してもらえますので、わざわざ自分で役所に出向くこともありません。また産廃業者としての許可を得るためには、許可申請に関する講習会の、修了証を交付してもらう必要があります。

この講習会や研修会などは、年に何度か開催されています。産廃業者として計画的に独立するには、こういった講習会の日程をきちんと押さえてから出席し、修了証を交付してもらうようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *