産廃業の許可申請を専門家が代行

廃棄物処理法とよばれる法律のなかでは、事業活動によって生じた廃棄物はその排出者の責任で処理をしなければならないことになっています。

しかし工場やオフィスなどではかならずしも処理をするために適切な施設を保有しているわけではありませんので、通常であれば産廃業者に委託をして処理することになります。この産廃業を営む上でも都道府県知事の許可を受ける必要があり、許可申請のための書類一式をそろえるだけでも相当の労力となります。そこで産廃業を営もうとしている申請者自身が書類を作成するのではなく、他の専門家が許可申請の書類を作成代行するケースも多くなっています。

この許可申請の代行についてですが、報酬を得て業として行政機関に提出する法律上の書類の作成を代行することは一般人には認められておらず、国家資格にあたる行政書士のような資格を得ている人が依頼先となります。それぞれの都道府県でも行政書士の資格を得て事務所を開設している人は少なくありませんので、こうしたところに相談の上で、見積もりをもらってから正式に依頼をするのが普通です。

場合によっては事務所がある地域だけではなく、全国からの依頼を受け付けているようなところもあります。いずれにしても産廃業の許可申請のような高度な専門性をともなう案件の場合には、ある程度は依頼先も経験や知識をもっているところを選んだほうがよいはずですので、慎重に選ぶことがたいせつといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *