産廃業の許可申請は行政書士に代行してもらおう

産業廃棄物収集運搬業許可申請は略して産廃業の許可申請と呼ぶこともあります。

この手続きは行政書士に依頼しなくても自分自身で手続きすることは一応可能となっています。もちろん行政書士に依頼しないので報酬を支払う必要がないので、その分経費を浮かすことができます。申請手数料の81000円と講習受講料の30400円だけ用意すれば、手続きをすることができます。ですが知識がない方が行うと申請書の作り方やどこの窓口に行けば良いのか分からないといったケースも多々あります。

つまり時間や労力そして手間が必要になるので、そうした作業を省きたいのであれば行政書士に産廃業の代行手続きの依頼をするのがベストになります。産廃業の許可申請を行うためには、かなりの数の申請書類を作成することになります。さらにやっかいなことがあり、それはこれらの書類には決められた作成方法がありますので、その作成方法を知らない方が行うのは無理があります。何も知識がない素人が産廃業の許可申請をするのは現実的には難しいわけです。

それに書き方が間違えていた場合にはその申請書は受理されませんので、もう一度書き直してから再度そうした窓口に持っていく必要があります。そうした事情があるため、行政書士に報酬を支払ってでも産廃業の許可申請を代行してもらった方が良いです。行政書士に代行してもらうことで、確実に受理されるようになります。行政書士は申請書類を作成する専門家でありますので、スピーディにやってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *