産廃業の煩雑な許可申請は代行会社に依頼しましょう!

産廃業を営むのには、各関係部署に許可申請を取ったり書類提出が必要で、煩雑な手続きを取らないとなりません。

一口に産廃業と言ってもさまざまあり、産業廃棄物の収集運搬業・処分業・積載保管施設などがあります。収集運搬業の許可は、廃棄物を積み込むところと処分先である、下ろすところを管轄する都道府県の許可申請が必要です。処分業は事業計画・用地選定・行政との相談、積載保管業は施設の許可に慎重である自治体が多いので、許可には高いハードルがあります。これらの産廃業の1つひとつの業務の許可を取るのにも大変であり、個人で行なうことは大変難しい状況下にあります。煩雑な許可申請が必要なことで、新たに業務を行うことを踏みとどまったり躊躇するのであれば、代行業務を行っている会社に依頼するとスムーズです。

産業廃棄物についても代行会社があり、特に産廃業に特化した会社は色々なパターンの代行業務を経験してきていますから、どのような問題が起こっても、的確なアドバイスや手続きを行ないます。近年では収集運搬業の許可を取りたいという方が増えており、排出事業者のコンプライアンスの高まりから取引会社に収集運搬業の許可を求めることが多いというのが理由のようです。この業務を行うだけでも許可の要件がたくさんあり、要件を挙げると収集運搬に必要な施設を有する・経理的な基礎を有する・環境大臣認定の講習会の受講などがあり、これらを全部自分ひとりで行うにはかなりの労力を要します。

まずは代行会社に相談し、的確なアドバイスや行うべき事項の指南を受けることをおすすめします。費用はそれなりにかかりますが一番近道であると考えます。
産廃業の許可申請の代行のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *