産廃業の分類と許可制度

我が国の廃棄物処理法では廃棄物をいくつかの種類に分けています。

家庭から出るごみは一般廃棄物にあたり、市町村が収集から処分までを行っていますが、これに対して事業所から出るごみは産業廃棄物に分類されており、事業者がみずから適正に処理するか、または都道府県知事から産廃業の許可を受けた者に委託をしなければなりません。産廃業を営む者にこのような許可制度が採用されているのは、その主体が民間であって、利潤追求のための行為の一環とはいえ、自然や周辺環境に対して影響を及ぼさないようにするための何らかの歯止めが必要という考え方に立ったものといえます。

この産廃業の許可はこまかく見ると収集・運搬と処分に分かれていますので、場合によっては片方だけを持っている会社もあれば、両方を兼ねている会社もあるという具合です。さらに有毒であったり感染性があったりする特殊な産業廃棄物については、特別管理産業廃棄物という区分も設けられており、こちらも収集・運搬と処分に細かく分類されています。

そのため取り扱う産業廃棄物の種類やその方法などによって、複数の許可を受けなければならない場合があります。申請にあたっては事業計画書や図面・写真その他の添付書類が必要です。都道府県ではこれらの書類などをもとにして精査をした上で、一定の環境基準を満たしていること、欠格事項に該当していないことを確認したのち、最終的な許可を下すこととなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *