産廃業の収集運搬許可の基準

廃棄物処理法にもとづく産廃業の許可には収集運搬と処分というふたつの区分があります。

このなかでも収集運搬は事業所や店舗など他人からの委託を受けて専用の車両で産業廃棄物を収集運搬する事業にほかなりませんが、このような収集運搬にかかる産廃業の許可を得るためにはいくつかの基準を満たしていることが絶対条件となります。もしも産廃業の許可申請を都道府県に提出したとしても、申請書や添付書類からこのような基準を満たすことが確認できなければ、場合によってはせっかく申請したとしても不許可処分を通知されてしまうことがあります。

その基準は詳細にわたりますが、たとえば産業廃棄物が飛散あるいは流出しないようにしたり、悪臭・騒音・振動によって周囲に生活環境に支障が生じないようにすることなどが必要です。運搬車そのものについても、同様に産業廃棄物が飛散・流出したり、または悪臭が漏れるおそれがない形状のものであることが求められており、なおかつ運搬車の車体の側面には、産業廃棄物の収集運搬車という旨を表示して、運搬車に必要な書面を備え付けておくことが必要とされています。

建物の建築や除去などによって発生したアスベストをともなう産業廃棄物を取り扱う場合には、その他の産業廃棄物と混じらないように区分しておくことも重要です。このような基準をひとつずつクリアすることができてはじめて、産廃業の収集運搬の許可が下りるしくみとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *