産廃関連業務の許可申請は代行会社に依頼

産業廃棄物(産廃)を運搬したり処理する業務を行うときには、許可申請書の作成が必要です。

他にも事業計画書などの添付書類の作成も必要になります。これらの書類を作るには、まず法律を知り、行政担当者などに問い合わせるなど多くの時間と労力を要します。更には申請書の作成方法は都道府県ごとにローカルルールの存在があり、その確認も同時に行いながら進めないといけません。加えて業務を行う役員の住民票などの公的書類を取得する手間ひまもかかります。多くの場合、これらの申請手続きは行政書士事務所などの代行会社に依頼し、スムーズに行われます。

一定の費用はかかりますが、関連法律に明るく、何度も同様の申請書の作成を行っている代行会社は必要書類がどのようなものかを熟知していますから、一度の申請で受付が完了します。しかし同様のことを産廃業務を行おうとすると、大抵一度では受理されず、書類の書き方が間違っていたり、不備のある書類があったりして修正を余儀なくされることが多いのです。また法律を一から勉強することは必要で大事なことですが、行政担当者と打ち合わせを重ねたりして時間を取られ、何とか自力で申請できたりしても、あとあと困ることがあります。正確な知識を熟知していないと産廃物の分類上、取り扱いが可能な物品なのかの判断ができず、知らない内に法律に抵触してしまっているケースもあります。

こうなると最悪の場合業務停止になりますから、また再度申請書を作成する必要が出てきて、何度も役所に足を運ばないとならなくなります。産廃に関わる業務の許可申請を代行してもらえば、このような無駄な時間や費用がかからず、また許可申請完了後もさまざまなサポートが受けられ、例えば専用車両のメンテナンスを行う会社を紹介してもらえたり、横のつながりもでき、関連事業の展開も行いやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *