産廃処理の許可申請は専門家に任せた方がスムーズです

産業廃棄物の収集や運搬を行うには、廃棄物処理法に基づいた許可を得る必要があります。

許可申請は都道府県の窓口で行います。各都道府県にはローカルルールがあります。申請書類を提出する都道府県に応じた方法で手続を行わなければなりません。実際の手続は非常に複雑なので、専門家である行政書士に依頼した方がスムーズです。産廃処理の許可申請を専門的に行っている行政書士であれば、安心して手続を任せることができます。

また許可を取得した後も手厚いサポートを受けられるというメリットがあります。産廃処理に関する許可申請は、多くの行政書士が業務として行っています。専門家であれば申請自体が難しいわけではありません。ただし正確に手続を行うには知識と経験が必要になります。例えば産業廃棄物には20種類の品目が定められています。依頼者が取り扱う産業廃棄物が、どの品目に分類されるのかを正確に判断しなければなりません。

もし品目を間違えて産廃処理の許可申請を行うと、その後の業務ができなくなってしまいます。品目を間違えた場合は、再度手数料を支払って事業範囲を変更する申請を行います。産廃処理の許可申請を専門に行っている経験豊富な行政書士事務所であれば、正確に品目を申告できるためその後の業務ができなくなる心配は不要です。また一般的な行政書士事務所の場合には、10万円前後の報酬で手続を依頼することができます。申請後も様々なアドバイスを受けることができるので安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *