産廃処理の許可申請を行う場合のポイントについて

産廃処理の許可申請を行う際には、様々な必要書類を揃えなければなりません。

許可申請書だけでなく事業計画書など多くの種類を作成する必要があります。書類作成を行うためには、廃棄物処理法など関連法令の知識が必要になります。廃棄物処理法は非常に複雑で頻繁に改正が行われています。また行政の担当者との打ち合わせが必要になる場合もあります。さらに産廃処理の許可申請は、各都道府県のローカルルールに従って行わなければなりません。正確に産廃処理に関する申請を行うには、法令や手続に関する深い知識が求められます。

依頼者が取り扱う産業廃棄物の品目についても注意が必要です。産業廃棄物は全部で20品目に分類されています。許可申請をする場合には、品目を正確に申告しなければなりません。もし間違えて申告すると、許可を取得しても営業できないという事態が発生します。複数の品目を同時に申告することも可能です。個人で産廃処理に関する手続を行うこともできます。

しかし正しい方法で間違いなく申請を行うには、専門家である行政書士に依頼した方が安心です。専門家に依頼すれば手厚いアフターフォローを受けられるというメリットもあります。行政書士が行う業務には様々な種類が存在します。特に産業廃棄物関係の手続を行っている事務所を選ぶことが重要です。

正確な知識に基づいて手続を行ってもらえるので、安心して許可申請の手続を任せることができます。行政書士事務所では弁護士や司法書士など他業種とも広くネットワークを形成しています。そのため申請手続だけでなく事業運営の総合サポートを受けることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *