産業廃棄物(産廃)は許可を受けた業者へ

私達が日常生活を送る上で必ず出るのが「廃棄物」です。

これは自分で利用しなくなったり、他の人に有償で譲渡できなくなったものを指し、一般的には「一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分類されます。産廃とは、ビルの建設現場や工場で物を生産するなどの事業活動を行い、排出されたものを指します。これに対し、私達が日頃排出する「ごみ」は、一般廃棄物の扱いです。産廃の種類は多岐にわたり、燃え殻や汚泥、廃油や廃酸、廃プラスチックなど、20種類に分類されます。

これらのうち、爆発性や毒性、感染症など、人の健康や生活環境に重大な影響を与える廃棄物は「特別管理産業廃棄物」と呼ばれ、処分の際に厳しい規制がかけられています。特別管理産業廃棄物を処理する業者は「特別管理産業廃棄物管理責任者」を必ず設置しなければなりません。さて、生産活動で生じた廃棄物は、原則として自らの責任で処理をしなければなりません。自ら処理が出来ない場合は「産業廃棄物処理業」の許可を受けた業者に、処理を委託することが出来ます。

他業者の廃棄物を収集、運搬、処理する際は、処理を行おうとする場所を管轄する知事、政令市長の許可を受ける必要があり、違反した場合は罰則が適用されることがあります。産廃処理業の許可を受けた業者は、産廃を排出する業者の契約した通りに廃棄物が適切に処理されているかどうかを、「産業廃棄物管理票」というものを通じて確認させる義務があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *