安心して産廃処理の許可申請を依頼できる業者とは

産廃処理に関する許可申請は個人で行うこともできますが、複雑な手続が求められるため専門業者に依頼するのが一般的です。

日本国内では多数の行政書士事務所が存在しており、それぞれが専門分野の許可申請を請け負っています。産廃処理の許可申請は行政書士の業務の中でもメジャーな存在です。多くの行政書士が産廃処理関係の業務を請け負っていますが、実際に仕事を依頼する場合には経験豊富な事務所を選ぶ必要があります。産業廃棄物は全部で20種類存在します。取り扱う品目に応じた許可を受けなければなりません。

産業廃棄物の品目を間違えると、収集や運搬の業務を行うことができないので注意が必要です。専門的な知識がある行政書士事務所の場合、品目に関する聞き取りを行うだけでなく正確な品目の提案を行ってくれます。また産廃処理関係の申請には複雑な手続が伴うので、対面で作業を進めるのが一般的です。確かに電話やメール、郵送などで手続を進めれば時間と手間を省くことができます。しかし産廃処理関係の手続は複雑なため、実際に会って作業を進める行政書士事務所の方が安心です。

基本的に行政書士の報酬の決め方にルールはありません。事務所が自由に決定することができます。なるべく報酬が安い方が理想的です。一方報酬が安過ぎる場合は、依頼者が自分で行わなければならない作業が多いなどの可能性があるので注意が必要です。産業廃棄物の収集や運搬に関する許可申請を行政書士に依頼すると、一般的に10万円前後の報酬を支払うことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *